タイムツリーの使い方

【タイムツリー】明るさと暗さを変更できる外観モードについて解説!

【タイムツリー】明るさと暗さを変更できる外観モードについて解説!

タイムツリーの画面はデフォルトでは、

白色のバックグラウンドで明るい仕様になっています。

 

画面の明るさは人それぞれ好みがあります。

 

タイムツリーでは外観モードを簡単な操作で変更する事ができます。

タイムツリーの外観モード

ライトモードの画面

タイムツリー「ライトモード」画像

ダークモードの画面

タイムツリー「ダークモード」画像

 

タイムツリーの外観モードの切替は

タイムツリーの外観モード切替方法

①カレンダー画面

②アプリ設定画面

③外観モードで「ライトモード」「ダークモード」を選択

タイムツリーの外観モードは3つのステップで簡単に切り替えることができます。

 

ダークモードであれば、

目の負担も少なくしながらタイムツリーを使用することができます。

 

ぜひ、外観モードの操作を一度行ってみてください。

タイムツリーの外観モードの変更方法

タイムツリーの外観モードの切替は3つのステップで簡単に切り替えることができます。

①タイムツリーカレンダー画面を開く

外観モードを切り替えるためにはまずタイムツリーのアプリを開く必要があります。

 

まずは、タイムツリーのカレンダー画面を開いてください。

 

②アプリ設定画面を開く

タイムツリーカレンダー画面の左上の三本線をタップすると

「メニュー画面」が開き基本的な操作を行うことができます。

 

画面上部のアプリ設定をタップして「アプリ設定画面」を開いてください。

③外観モードで設定の切替

アプリ設定画面の下部に「外観モード」という項目があります。

 

デフォルトの状態では「ライトモード」に設定されています。

 

ライトモードをタップすると「外観モード」の選択画面になり

・端末の設定を使う

・ライトモード

・ダークモード

のいずれかを選択できるようになります。

 

「端末の設定を使う」のモードだと端末に設定されている

外観モードがタイムツリーにも適用されます。

 

ぜひいくつかの選択肢を切り替えて、

自分の好みの外観モードに設定してみてください。

タイムツリーの外観モード変更のメリット

タイムツリーの外観モードを「ダークモード」に変更すると

目の負担を減らすことができます。

 

日常的に明るいスマホ画面を見続けていると確実に目の疲労が蓄積されています。

 

タイムツリーを「ダークモード」で全体的に暗くすると

明るい画面に目がさらされる事がなくなり目の疲れを軽減する事ができます。

 

日常的にスマートフォンを利用する事が多い方は

タイムツリーを使用する時だけでも目の疲れを軽減できるように

設定の変更を行ってみてください。

 

まとめ

タイムツリーはただのカレンダーアプリではなく

使う人にどんな設定があればより便利かが考えつくされた

カレンダーアプリです。

 

外観モードの設定も

「自分のスマホの使用に合わせたい人」

「ライトモードで明るく使用したい人」

「ダークモードで使用したい人」

とタイムツリーを使う個々人に合わせて使い分けられるようになっています。

 

ぜひ、タイムツリーのいろいろな設定を変更して便利に利用してみてください。