タイムツリーの使い方

【タイムツリー】英語など12ヶ国の言語に切り替え可能です!

【タイムツリー】 英語など11の言語に切り替え可能です!

タイムツリーは、日本の株式会社TimeTreeによって開発されたアプリです。

 

当然に「日本語」を使用することができますが、

日本語以外にも12の言語に切り替えることができます。

 

タイムツリーで使用できる言語

1.日本語

2.韓国語

3.中国語(簡体中文)

4.中国語(繁體中文)

5.ドイツ語

6.フランス語

7.ポルトガル語

8.スペイン語

9.マレーシア語

10.ロシア語

11.インドネシア語

12.タイ語

近年では海外から日本に来日する人も多くなり、

外国人が日本で生活することも一般的になりました。

 

外国の人と親密な関係となってタイムツリーを利用する場合には、

外国の人にはタイムツリーアプリを母国語に切り替えてもらうと

難なく利用してもらことができます。

 

外国の方が入力した予定を確認する場合には、

Google翻訳を併用して利用する

簡単に外国の方が入力した予定を確認することができます。

 

彼女や奥さんが外国籍の方、

職場でタイムツリーを利用していて外国籍の方がうまく適応できていない場合には

ぜひ言語が切り替えられることを教えてあげてください。

タイムツリーの言語切替方法

アプリ設定を開く

まずはタイムツリーのアプリでカレンダー画面を開いてください。

 

左上の三本線をタップすると自分のアカウント情報や

共有カレンダーの切り替えが面が開きます。

 

右上のアプリ設定をタップしてください。

アプリ設定の「言語設定」を選択

アプリ設定画面の最下部にある「言語」と書かれている部分の

デフォルトと書かれている部分をタップしてください。

 

デフォルトと書かれている部分をタップすると各国の言語が表示されます。

 

言語設定画面で設定したい言語を選んで「OK」を押せば設定は完了です。

 

言語をデフォルトの日本語の状態に戻したい時には、

上記の手順を再度行い選択する言語を「日本語」にすれば表示はもとに戻ります。

 

相手のカレンダーにも外国語で表示される

外国語でタイムツリーカレンダーを入力すると

カレンダーを共有している人にも外国語で予定が表示されます。

 

相手の母国語が自分と異なる場合には、カレンダーの共有相手に

「Google翻訳を利用して確認して」

など一言声をかけてあげると親切です。

 

ぜひ分け隔てなく様々な国籍の人とタイムツリーカレンダーを共有できるように

「言語設定機能」の切替方法を理解しておきましょう。

 

まとめ

タイムツリーカレンダーは、複数のカレンダーを作成することができたり、

スケジュールを色分けして作成できたりと非常に便利です。

 

近年では企業の間でも利用されることが多くなってきています。

 

企業利用が増えてくると当然外国籍の方も

タイムツリーカレンダーを利用する可能性が出てきます。

 

おさらいにはなりますが、

タイムツリーカレンダーでは12の言語を使用することができます。

タイムツリーで使用できる言語

1.日本語

2.韓国語

3.中国語(簡体中文)

4.中国語(繁體中文)

5.ドイツ語

6.フランス語

7.ポルトガル語

8.スペイン語

9.マレーシア語

10.ロシア語

11.インドネシア語

12.タイ語

ぜひ、日本人のタイムツリーアプリの利用者の方も

タイムツリーが多くの言語に対応していることを頭の片隅に入れておくようにしましょう。