タイムツリーの使い方

【タイムツリー】習い事・飲み会など同じ予定を「繰返し入力」しよう

【タイムツリー】習い事・飲み会などの同じ予定を「繰返し入力」する方法!

タイムツリーで予定を入力する時に同じ予定を毎回カレンダーを開いて一つづつ開くのはとても面倒です。

タイムツリーであれば習い事や飲み会などの毎月同じように繰り返される予定は、

繰返し入力という機能を使って一度に入力する事ができます。

繰り返し入力を使えば、同じ予定を一気にタイムツリーのカレンダーに登録することができます。

繰返し入力したカレンダーの画像

お子さんや自分の習い事旦那さんの定例の飲み会などを一括で入力しておけば、

予定の入力忘れも防ぐことができます。

繰り返し入力を活用することでより便利にタイムツリーを使用することができるのです。

タイムツリーの繰返し入力の設定方法

タイムツリーのカレンダー画面を開く

タイムツリーカレンダー予定入力画面

タイムツリーのカレンダー画面を開いてください。

同じ予定のある曜日をタップした後に予定を入力するための「+」ボタンを押します。

予定入力画面になったら繰返入力を行いたい予定を打ち込みます。

下向きの二重線矢印をタップする

タイムツリーカレンダー予定入力画面「二重線下矢印」を示す画像

予定の入力が完了したら下向きの二重線矢印を押してください。

下向きの二重線矢印を押すと画面がスライドして

通知なし・繰り返しなし・日付未定でキープするの3つが選べる画面になります。

繰り返しなしをタップする

タイムツリー「繰り返しなし」のタップ画面

真ん中に表示されている繰返しなしをタップしてください。

繰り返しなしをタップすると登録する予定をどの程度の頻度で繰り返すかを選択できます。

タイムツリー「繰り返し頻度」入力画面

毎日・毎週・毎月・毎年の中から繰り返す頻度に合わせて選択してください。

また「もっと詳しく設定する」を選択すると隔日・隔週・毎月5日などより詳しく繰り返す予定を設定することができます。

タイムツリーの繰り返し入力を活用すれば、習い事や飲み会やパートの予定も自分の思い通りに入力することができます。

ぜひ、タイムツリーの繰り返し入力を活用して

今まで以上に楽に予定の入力を行えるようにしましょう。

タイムツリー繰り返し入力の活用事例

子どもの習い事

タイムツリー「ピアノの習い事」が繰り返し設定されている画像

上記の画像は毎週土曜日の15時からお子さんがピアノの習い事に行く予定をタイムツリーで繰り返し入力したものです。

お子さんのピアノが15時からあることがわかっていれば、前後の予定で何をするかを逆算して決めることができます。

お子さんが習い事をしている家庭はぜひタイムツリーの繰り返し入力を活用しましょう。

旦那さんの飲み会

タイムツリー「毎週金曜日に飲み会」が繰り返し設定されている画像

上記の画像は旦那さんが毎月2回定例の飲み会がある場合のタイムツリーカレンダーです。

奥さんとしては、いつの週に金曜日に旦那さんの夕飯が必要

いつの週に不要かは食材の買い出しを考えるうえで非常に重要なことです。

飲み会が恒常的にある会社に勤めている方は、奥さんから指摘される前にタイムツリーカレンダーに飲み会の予定を入力して家庭内を円滑に保つようにしましょう。

まとめ

タイムツリーの繰り返し入力は簡単に設定することができます。

繰り返し入力のポイントは

タイムツリーの繰り返し入力のポイント

1.予定入力画面を開いて予定を入力

2.同じ画面で下向きの二重線をタップする

3.繰り返しなしをタップして「繰り返し条件を入力」する

タイムツリーで予定を入力した後にプラスで3ステップ程度経るだけで繰り返しの予定を簡単に入力することができます。

ぜひ、タイムツリーの繰り返し入力を活用して今まで以上にカレンダーを充実させてください。