タイムツリーの使い方

【タイムツリー】「サーバーとの通信に失敗しました」の対処法を解説

【タイムツリー】 「サーバーとの通信に失敗しました」と表示されたら!_

カレンダーシェアアプリのタイムツリー(TimeTree)ではまれに

「サーバーとの通信に失敗しました」と表示されることがあります。

上記のように表示される原因は3つあります。

タイムツリーで「サーバーとの通信に失敗しました」と出る原因

・電波状況が悪い

・スマホ機内モードになっている

・データ容量が制限を超えている

「サーバーとの通信に失敗しました」と出る原因に記したように主な原因は

電波状況が悪いためです。

「サーバーとの通信に失敗しました」と出てしまうと直前に入力した予定が保存されないことがあります。

「サーバーとの通信に失敗しました」が表示された場合には電波環境の良い場所に移動して、タイムツリーのカレンダーを更新するようにしてください。

「サーバーとの通信に失敗しました」となる原因

タイムツリーで「サーバーとの通信に失敗しました」と表示されてしまう原因は以下の3つです。

タイムツリーで「サーバーとの通信に失敗しました」と出る原因

・電波状況が悪い

・スマホ機内モードになっている

・通信データ容量が制限を超えている

電波状況が悪い

山の中や陸から離れた海上の場合スマートフォンの

電波が入らない可能性があります。

すでに入力されているデータを確認することはできますが、電波状況の悪い所では新しい予定をタイムツリーに入力しても正しく保存されないことがあります。

電波状況の悪い場所ではなるべく新しい予定を入力しないようにしましょう。

機内モードになっている

スマートフォンが機内モードになっていると携帯電話の基地局から発せられている電波を受け取ることができません。

電波を受け取ることができないということは、通信ができないということと同じ意味です。

飛行機で旅先に到着した後などに

機内モードを解除し忘れるということがあります。

タイムツリーで「サーバーとの通信に失敗しました」と表示されている場合にはスマートフォンが機内モードになっていないか確認してみましょう。

通信データ容量が制限を超えている

多くの方は、スマートフォンで毎月使用できるデータ通信量が決まっています。

スマホゲームやインターネットで調べものをたくさんしたことにより、

毎月のデータ通信量を越えてしまうことがあります。

毎月のデータ通信量を越えてしまうとインターネット通信は急激に遅くなってしまいます。

タイムツリーアプリを使用した際もデータ通信が行われることがあります。

毎月のデータ通信量を越えたスマートフォンで操作を行うと電波通信がスムーズにできず

「サーバーとの通信に失敗しました」と表示されてしまうことがあるのです。

データ通信量を越えてしまった場合には、データ容量を追加するか次月まで通信の遅いスマートフォンを利用しましょう。

まとめ

タイムツリー(TimeTree)で「サーバーとの通信に失敗しました」と表示されてしまう

主な原因は電波状況が悪いためです。

タイムツリーで「サーバーとの通信に失敗しました」と表示された時の改善のポイント

スマホの電波状況を改善しよう!

タイムツリーで「サーバーとの通信に失敗しました」と表示されてしまうのは、スマホの電波を発信している基地局と使用しているスマホの電波通信が悪くなっていることが原因です。

タイムツリーの動きが鈍い場合には

電波環境の良い場所に移動するようにすると不具合はすぐに改善されます。