タイムツリーの使い方

【タイムツリーってどんな会社?】今後株価上昇が期待される企業です‼

タイムツリー(TimeTree) ってどんな会社!?社長はどんな人??

タイムツリーは代表の深川泰斗さんが当初5人で起業した会社です。

当初は利用者も多くありませんでしたが、

現在では1,000万ユーザーを超えて多くの人にタイムツリーが利用されるようになりました。

タイムツリー創業時の想い

「毎日に、新しい”なくてはならない”を創る」そう理念を定めて、将来ユーザーさんに「このサービスがなかった頃、どうやって暮らしていたんだっけ?」と言わしめたい。そんな思いを胸に、前職の仲間5人と狭いオフィスで創業しました。

(引用:株式会社TimeTree公式ホームページ「TimeTreeのこれまで」より)

創業当時は、5人で始まった会社も現在では40人以上の従業員となっています。

2019年にはベンチャーキャピタルから19.6億円の出資

受けており今後の成長が期待されている新興企業です。

タイムツリーのオフィスビル所在地↓

タイムツリーの歴史

企業の歴史を表す画像

タイムツリーは当初現社長の深川泰斗さんが株式会社JUBILEEWORKSとして創業した会社です。

株式会社JUBILEEWORKS創業後すぐに

TimeTreeを思いついた背景

予定って相手がいることがほとんどなのに、どうして個人用のツールばかりなんだろう?」そんな疑問から「予定管理を、共有するという前提で考え直してみよう」というコンセプトでサービスを考え始めました。

(引用:株式会社TimeTree公式ホームページ「TimeTreeのこれまで」より)

当たり前に使われていた今までのスケジュール帳やスケージュールアプリに着眼して、タイムツリーは生まれたのです。

株式会社JUBILEEWORKS内でもタイムツリーの構想はすぐに評価され実用化へと動き出しました。

そして、サービスのリリースとともに社名も株式会社TimeTreeへと変更されたのです。

タイムツリーの利用者数

タイムツリーの利用者の上昇を表す画像

タイムツリーの配信開始は2014年です。

2014年の配信開始以後、利用者は徐々に増えていき、

2016年には100万人

2018年には1,000万人の利用者を超えました。

株式会社TimeTree社長深川泰斗さん
株式会社TimeTree社長深川泰斗さん
リリースした頃も現在も「今あるTimeTreeが完成形」とは全く思っていませんでした

株式会社TimeTreeの目標ユーザー数は1億人と言われています。

今後も深川社長の元、タイムツリーアプリの改善・改良が行われて、

タイムツリーのCM効果

2019年11月22日(いい夫婦)の日より、俳優の中尾明慶さんと仲里依紗さん夫婦が出演するタイムツリーのTVCMが開始されました。

CM開始によって、世の中の人により広くタイムツリーが認知されるようになりました。

ネットでの検索者数も2019年10月には月間で約36,000の検索数であった数字はCM放映後の2019年11月には155,000の検索数と約3倍の人が検索するようになりました。

現在のタイムツリーの収入源はアプリ利用者による公告収入が主な収入源ですが、今後有料での魅力的なカスタマイズ等ができるようになるとより企業規模の成長は早まると考えられます。

2020年以降も株式会社TimeTreeは大注目の企業です。

まとめ

タイムツリーは今も創業時の想いを忘れずに日々提供するアプリの改善・改良を行っています。

タイムツリー創業時の想い

「毎日に、新しい”なくてはならない”を創る」そう理念を定めて、将来ユーザーさんに「このサービスがなかった頃、どうやって暮らしていたんだっけ?」と言わしめたい。そんな思いを胸に、前職の仲間5人と狭いオフィスで創業しました。

(引用:株式会社TimeTree公式ホームページ「TimeTreeのこれまで」より)

タイムツリーは家族・友人・カップルと利用すると非常に便利にスケジュールの共有のできるアプリです。

ダウンロードや登録も非常に簡単です。

ぜひ、企業の想いのこもったタイムツリーを利用してみてください。